高校留学のお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは、オーストラリアへの高校留学にかかる費用の相場をご紹介します。
例えば、滞在する都市によって変わるのかや、飛行機選びをお得に利用する方法をご紹介しています。
そして、生活で発生するものや、節約して浮かせることができる方法についてもご案内しています。
網羅的にご説明しているので、興味があるけれど迷っている方の参考になります。
イメージが具体的になるので、留学を考えている方におすすめのサイトです。

高校生のオーストラリア留学にかかる費用の相場

高校生のオーストラリア留学にかかる費用の相場 オーストラリアの高校は9割近くが公立の学校です。
日本の中学校を卒業した後、3年間か4年間で現地の高校を卒業する高校留学があります。
他には日本の高校を休学して留学したり、留学している期間の単位を日本の高校に認めてもらう交換留学があります。
高校留学でかかる金額は、学校関係、滞在費が主なものになります。
それ以外は渡航にかかるものと、生活費、教材費などがかかります。
高校の学費は、入学金と事務手数料が、2.5万円から10万円が相場です。
1年間の学費は130万から150万が相場となります。
留学会社に支払う国内手続きのサポート費用が10万から50万で、渡航後のサポート費用が10万から50万が相場になります。

オーストラリアの高校留学するときに必要な費用は学校で異なる

オーストラリアの高校留学するときに必要な費用は学校で異なる 基本的に、海外の高校にも公立と私立が存在します。
オーストラリアでも同様で、公立高校への留学を考えるよりも、私立の留学を考えた方が費用は高くなります。
私立は、設備投資や学校の規模、そして授業内容などに特色を持たせる点で日本と同じであるため、特徴的な授業を受けたいと考えている場合には私立を選択するのも1つの手段です。
ただ、それだけにお金が多く必要になるという点を理解しておく必要があります。
具体的には、高校留学の場合では効率が1年間で200万円前後で、私立が最低でも250万円から300万円は必要になります。
また高校留学のときには学生ビザを取得しなくてはいけません。
特に、3ヶ月以上の滞在を望んでいる場合にはこれが必須になりますので、そのためのお金も準備する必要があります。
実は、短期滞在のビザと異なって1年以上の滞在が可能になる学生ビザは申請のときにより多くのお金が必要です。
申請料金で550ドルは必要になりますので、授業料や滞在費を含めて計算しておかなくてはいけません。
さらに、留学保険を適用して万が一の対策をしておくことも大切です。
1年間で400ドルから500ドル程度は必要なので、この点も予算に組み込んでおきましょう。

高校留学について詳しく知りたい

オーストラリアへ高校留学しよう

新着情報

◎2020/10/8

留学費用を浮かせるには?
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

留学にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「留学 費用」
に関連するツイート
Twitter